毛髪ミネラル検査で分かる身体の栄養,バランス!不調の原因を徹底分析!

皆さんは健康診断を毎年されていますか?

病院の診断では正常で健康ではあるけれど、なんとなく調子が悪い、、けど病院に行くまででもない。

この状態を未病と言います。

これ、日本人にとても多いんです。

放っておくと様々な病気に進展ところから未病対策なんて言葉も浸透してきているそうです。

なんとなく体の調子が悪い、これは体内の栄養バランスが崩れていることが原因です。

この原因はなんなのか?

その原因を明確に調べることが出来るのが「毛髪ミネラル検査」です!!

毛髪ミネラル検査とは?

アメリカでは40年の歴史がある検査で、日本でも1000の医療機関が既に実施しています。

・健康診断では分からない足りない栄養素が分かる

病院の健康診断や人間ドックでは分からない不足している栄養素、摂取し過ぎている栄養素を髪の毛から調べることが出来ます。

体の不調に関わってくるミネラルは唯一髪の毛からしか調べることが出来ないといことから今、とても注目されている検査です!!

・検査方法

根元付近3cmの髪の毛を100本程度採取して医療機関に送り3週間程で検査結果が送られてきます。

100本はこのくらいです。

医療機関やネットの検査キットでも出来ますが、自分でカットしなくてはならない事や郵送の手間などもありますが、美容室でした方がヘアスタイルに支障が出ないようにカットして郵送もお任せなので一番安心かつ楽だと思います。

・検査結果はスマートフォンに送られいつでも読み返せる

検査結果はスマートフォンに送られるので簡単にいつでも見れることが出来、読み返しやすいのもメリットです。

検査結果はこんな感じで送られてきます。

正常は66点以上、53~65は注意、52以下は要注意!!

ミネラルをひとつひとつクリックすると詳しく見ることが出来、点数形式で面白くご覧頂けます!!

さて、ミネラルときいてピンと来ない方もいるかと思いますが、ミネラルは体の調子を整える重要な役割をしている栄養素です。

ミネラルが体にどんな影響を与えているのか詳しく解説していきます!

ミネラル不足により起こる未病

先程も冒頭でありましたが、

病院に行くまでではないけどなんとなく調子が悪い。これが未病です。

未病は人それぞれあり、髪や肌、身体の症状など様々です。

どのミネラルが不足しているかによって未病の症状も違ってきます。

自分自身当てはまるものをチェックしてみましょう!

・髪、肌のお悩み

・抜け毛が多い                          ・枝毛やパサつき                    ・髪のハリコシがなくなってきた

・白髪が増えた                          ・頭皮湿疹                             ・脂っぽい

・乾燥肌                                   ・にきび、吹き出物                 ・肌のハリ、ツヤがなくなってきた

・シミ、シワ                             ・アトピー性皮膚炎

・身体のお悩み

・疲れやすい                             ・イライラしやすい                  ・寝つきが悪い

・アレルギーがある                    ・風邪を引きやすい                  ・めまい

・記憶力の低下                          ・情緒不安定                           ・憂鬱

・不眠                                      ・不安                                   ・無気力

・顔色が悪い                             ・下痢しやすい                        ・頻尿

・不妊                                      ・貧血                                    ・便秘しやすい

・冷え性                                   ・だるい                                 ・太りやすい

 

皆さんはいくつ当てはまりましたか?

何個か当てはまるものがあるかと思います。

例えば、便秘で肌荒れもなかなか治らないし疲れやすい、、これは特に女性に多い悩みです。

人によって悩みは様々ですがその原因は何かと言いますと、足りない栄養素、摂取し過ぎている栄養素のバランスが乱れているのです。

体内の栄養バランスが崩れることで、未病と呼ばれる身体の不調が起きていることが最近の研究でもわかってきています。

先程も述べましたが、ミネラルは身体の調子を整えてくれる唯一の栄養素なんです!!

12種類の必須ミネラルと有害ミネラル

必須ミネラルは12種類あり、不足はもちろん摂りすぎも良くありません。

そして必須ミネラルの邪魔をする有害ミネラルが5種類あります。

それぞれ何の役割があり、何の害があるのか詳しく解説していきます!!

・12種類の必須ミネラル

①ナトリウム・・・塩の主成分で、細胞・筋肉・神経の機能を正常に保つ働きをする。

②カリウム・・・・体内に存する量がもっとも多いミネラルで、血圧を下げてくれる。

③カルシウム・・・骨の生成や出血を止める働きを担う。

④マグネシウム・・ミネラルの王様で筋肉や骨、血液などの身体の機能全般を担う。

⑤リン・・・・・・加工食品により過剰摂取気味で、カルシウムとの摂取バランスが重要。

⑥鉄・・・・・・・血液中の赤血球をつくっているヘモグロビンの成分で、不足すると貧血に。

⑦亜鉛・・・・・・数百に及ぶ酵素たんぱく質の構成要素として、お肌の新陳代謝にも関与。

⑧銅・・・・・・・鉄を運ぶミネラルで、不足することで貧血になる。

⑨マンガン・・・・愛情ミネラルと呼ばれ、体内の酵素を活性化、他のミネラルの代役もこなす。

⑩セレン・・・・・肝臓や腎臓に含まれ、細胞の老化を防いでくれる。

⑪クロム・・・・・インスリン作用など、炭水化物や脂質の代謝を助ける。

⑫モリブデン・・・代謝の働きや有害物質を分解、鉄分と協力し造血。

・5種類の有害ミネラル

①カドミウム・・・イタイイタイ病の原因ミネラル。米や農作物から侵入。

②水銀・・・・・・水俣病の原因ミネラル。大型魚、銀歯、予防接種から侵入。

③鉛・・・・・・・古くから中毒被害が多い。絵の具や水道水から侵入。

④ヒ素・・・・・・ヒ素カレーで有名になった有害ミネラルで、魚や海藻類に微量に含まれる。

⑤アルミニウム・・食品添加物や調理器具、アルミ缶から侵入。

有害ミネラルが一つでもあると注意!

・必須ミネラルの吸収を阻害

いくら必須ミネラルを摂取しても、有害ミネラルが体内にあると必須ミネラルの吸収を阻害してしまいます。

例えば必須ミネラルの鉄が不足していて鉄を食品やサプリメントで摂取しても、本来鉄が吸収されるスペースに有害ミネラルが入り込んでしまい鉄の吸収を妨げます。

・有害ミネラルを排出することが第一

毛髪ミネラル検査では、有害ミネラルを排出するための食品を細かく教えてくれます。

排出されることで必須ミネラルがスムーズに体内に吸収しやすくなり、ミネラルバランスが整いやすい環境が作られます。

食品で補うのは難しい場合は、それを元に必要なサプリメントを取ると良いと思います。

現代人に多い新型栄養失調

皆さんもご存知の3大栄養と言えば、炭水化物・たんぱく質・脂質とありますが、人間に必要な栄養素は全部で6つあります。

あとの3つがビタミン・ミネラル・食物繊維です。

現代の食生活は和食から欧米化していることもあり炭水化物・たんぱく質・脂質を摂りすぎていて、反対にビタミン・ミネラル・食物繊維が不足しています。

この状態を新型栄養失調と言います。

よくお肌のためにビタミンを摂ろうと言いますが、実はビタミンはミネラルが不足していると働かないのです。

ただなんとなくでビタミン剤などを摂取してもミネラル不足では意味がないのでミネラルは身体にとても重要ということです。

身体全体の栄養バランスの調和を図ってくれるミネラルですが、不足でも摂りすぎでも不調をきたしてしまうので、自分のミネラルバランスを知ることはとても大事です。

毛髪ミネラル検査で自分の体内の栄養バランスを知り、食生活の改善で未病を治していきましょう。

 

時間も手間もかからないので、興味のある方はAUQWAスタッフに気軽にお尋下さい!

 

 

自由が丘の美容室AUQWA(アウクワ)

お客様一人ひとりにゆとりのある時間を提供するためAUQWAでは、通常よりも長めの施術時間を設けております。
5~10分で終わるカットではなく、丁寧なカウンセリング、髪を痛ませない施術を提供したいと思い、
一日の予約数を制限し、リラックスした空間でお過ごし頂きたいと考えています。

自由が丘美容室AUQWA(アウクワ)

ABOUTこの記事をかいた人

AUQWA STAFF

Hair Salon / Community & Space「AUQWA(アウクワ)」 髪・肌・地球に優しいライフスタイルサロン。 お客様のライフスタイルに合ったナチュラルなヘアスタイルをご提案致します。