メンズの悩みをパーマで解消!理想のヘアスタイルに♪

メンズのヘアスタイルはパーマをかけることによってスタイリングの幅が広がります。

パーマは強くカールがかかっているイメージをお持ちですか?

強くかけなくてもナチュラルなカールでヘアスタイルの悩みを解消してくれるのがパーマです。

悩み別に解説していきましょう。

メンズ特有の悩みをパーマで解消

・トップが潰れてしまう

髪が細くハリコシがない髪質は頭頂部の髪が潰れやすくボリュームがなくなりがちです。

年齢と共に細毛、薄毛になってしまうのでパーマをかけることによってボリュームが出てふんわりと立ち上がりやすくなりスタイリングも楽になります。

・絶壁

日本人は大体の方が絶壁で後頭部が潰れています。

カットで絶壁をカバーすることも出来ますが限界があり、パーマをプラスすることで後頭部の丸みが作れるので頭の形を良く見せることが出来ます。

・直毛でスタイリングが上手くいかない

直毛の方は意外と多く毛先に丸みが出ないのでワックスをつけても束感が出しづらかったりします。

ベリーショートくらい短ければ気になりませんが、ショートからミディアムになると毛先が真っ直ぐではヘアスタイルの形が作りづらくなるので、パーマで毛先の質感や束感を作りやすくなります。

もちろん直毛では上手くいかなかったスタイリングも簡単になります。

パーマをかけるとこれらの悩みが解消されるので、なりたかったヘアスタイルに挑戦できるのでヘアスタイルの幅も広がりメリットが沢山あります。

パーマに対するお客様の声

パーマに抵抗があるお客様も中にはいらっしゃいます。

なぜかけたくないのか?

・過去にパーマをかけたらかかりすぎた

過去に経験のある方も多いかと思います。

自分の想像していたイメージよりも強くかかりすぎてしまい、そうやってセットしたら良いのかも分からす逆に扱いづらくなってしまったパターンです。

こうならないためにもAUQWAではカウンセリングをとても大事にしています。担当者とお客様の仕上がりのイメージをしっかりカウンセリングで共有して、セットの仕方もアドバイスをさせて頂くので安心して担当者にお任せ下さい。

・ダメージが心配

昔と違い薬剤も髪に優しくなっています。

強い薬でしっかりかけるのではなく、弱い薬で柔らかくかけるという概念でしています。

ひとりひとりの髪質に合わせて薬剤選定をしていますのでよりダメージレスなパーマを心がけています。

・スタイリングが面倒になる

自分でセットが簡単に出来るのか?ということです。

スタイリングを楽にする目的でパーマをかけたのにどうすれば良いのか分からなくて結果的に面倒になってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スタイリング剤は何を使ったら良いのか、乾かし方はどうすれば良いのかをしっかりとアドバイスさせて頂いておりますのでご安心下さい。

 

パーマをかけたことによって悩みを解消された方は沢山いらっしゃいます。

実際にお客様に施術したパーマスタイルのご紹介をしていきたいと思います。

実際にパーマをかけてみて悩みを解消

お客様の声で多い悩みをパーマで解消します。

・トップのボリュームが出ない

短髪だと気にならないトップのボリュームも伸びてくると潰れてしまいますが、Cカールのパーマをかけることで髪がふんわりとするので伸ばしたスタイルも楽しめます。

トップのボリュームだけではなく、後頭部の丸みを作り絶壁をカバーしてくれるのでフォルムバランスがとても良くなります。

悩みが解消されて朝のスタイリングが楽になること間違いなしです。

・前髪を上げたいけど髪が落ちてきて上げられない

前髪を上げたアップバングのヘアスタイルは大人っぽく人気も高いヘアスタイルです。

直毛の方や生え癖がある方は前髪が上がらなくて悩まれている方が多いですが、その悩みもパーマで解消することができます。

パーマをかけることで上げやすくなり前髪を下ろしても上げてもどちらでもスタイリングがしやすいように出来るので、オンオフでスタイリングを変えて楽しみましょう。

いつもと違ったヘアスタイルに挑戦出来るのがパーマの魅力のひとつです。

・ワックスをつけても束感が出ない

直毛の方に多い悩みですが、なぜ直毛だと束感が出にくいのでしょうか?

直毛は髪がピンピンしていて毛先に丸さがないため、ワックスをつけてもうまく束にならずツンツンしてしまうんです。

パーマをかけると毛先の丸さが作られてワックスをつけると自然と束になるやすくなるのです。

クセで悩んでいる方も多いですが、直毛過ぎてもセットしづらいのでスタイリングを楽にしたいならパーマは本当にお勧めです。

 

パーマをかけたら正しいスタイリング方法でよりパーマスタイルを楽しみましょう。

スタイリング方法

パーマが活かすために正しいスタイリング方法をご紹介致します。

大事なのはスタイリング剤は何を使うのかです。

・クリームタイプのマット系ワックス

一番主流で普段から使っている方も多いかと思います。

トップのボリュームや絶壁をカバーする為にふんわりとかけたパーマにはこのタイプのワックスが一番合っています。

少しマットな質感でパーマで作ったふんわり感をより持続させキープしてくれるので、潰れやすい方や細毛で柔らかい方は水分量の少ないマット系ワックスがお勧めです。

乾かした後にワックスを手のひら全体に伸ばして揉み込むようにつけましょう。

・グリース、ジェルタイプ

グリースやジェルワックスはウェットな質感を作ります。

パーマは濡れている状態が一番パーマのカールが強く出るので、水分量が多いグリース、ジェルタイプはパーマの質感をより引き出して少し固まるのでキープ力は強いです。

パーマのカールをしっかり出したい、パーマが取れやすい、髪がパサつきやすい方はグリースタイプのワックスがお勧めです。

付け方はマット系ワックスと同じようにつけます。

・ムースタイプ

ムースは最も水分量が多いスタイリング剤なので、濡れた状態でつけてから乾かすとカールが出しやすいです。

毛先は半乾きくらいにして自然乾燥でも良いですし、乾いた後にムースをまたプラスでつけるとパサつきが抑えられて仕上がりはとてもナチュラルです。

カールが出にくい方やナチュラルな質感を好む方はムースがお勧めです。

 

自分の髪質にはどのスタイリング剤が合うのか分からない方は気軽に担当者に相談して下さい。

パーマの持ちをよくするには?

パーマを取れやすくする習慣になっていませんか?

せっかくパーマをかけたのにすぐ取れてしまった、、なんてことにならないために原因を考えてみましょう。

・しっかり乾かしていない

お風呂上がりに乾かさなかったり半乾きで寝てしまうと、髪のダメージにもなりますしパーマが伸びる原因になります。

男性の方は乾かさないで寝る方が多いですが、パーマの持ちを良くするためにもしっかりと乾かしてから寝るようにしましょう。

・スタイリングをしていない

朝は寝起きのまま出かけていないでしょうか?

朝は髪を濡らして寝癖をリセットすることが男性は必須です。乾かしてスタイリング剤をつけるとパーマの質感が出て動きが出ます。

パーマを活かすためにスタイリング剤は必ずつけるのがベストです。何を使ったら良いかは担当者に相談しましょう。

・洗浄力の強いシャンプーを使っている

市販で低価格で売られているシャンプーは洗浄力が強いので、頭皮に良くないだけではなくパーマやカラーの持ちも悪くさせます。

洗浄力が優しく保湿力の高いシャンプーに変えると、パーマがだれたりカラーの退色を防ぐ事が出来るので今使用中のものを見直してみましょう。

いかがでしたでしょうか♪

ひとりひとりのお悩みをパーマで解消してスタイルを幅広く楽しみましょう。

髪の医者としてベストな提案をさせて頂きたいと思います。ヘアスタイルのご相談お待ちしております!!

メンズパーマスタイルは是非お任せ下さい♪

自由が丘の美容室AUQWA(アウクワ)

お客様一人ひとりにゆとりのある時間を提供するためAUQWAでは、通常よりも長めの施術時間を設けております。
5~10分で終わるカットではなく、丁寧なカウンセリング、髪を痛ませない施術を提供したいと思い、
一日の予約数を制限し、リラックスした空間でお過ごし頂きたいと考えています。

AUQWA(アウクワ)スタッフ

ABOUTこの記事をかいた人

AUQWA STAFF

Hair Salon / Community & Space「AUQWA(アウクワ)」 髪・肌・地球に優しいライフスタイルサロン。 お客様のライフスタイルに合ったナチュラルなヘアスタイルをご提案致します。