髪の水分量を正しく知りましょう♪

皆さんは髪の毛の水分量の目安というかいい感じの具合の水分量はご存知ですか?

人間の体も水分量が体重計などにも記載されたりもしていますが髪の毛も水分量はございます。

適正な水分量によって髪の毛の艶や柔らかさが出たり綺麗にまとまったりもします。

今回は髪の毛の水分量について徹底解析をしていきますのでぜひご覧ください。

まずは人間の水分量から知ろう!

まず人間の体は約60%の水分でできています。子供から大人までで多少水分量は違ってきますが人間は水分がなければ生きていく事ができません。細かく言いますと新生児~乳児は70%~80%、幼児で65%、成人男性で60%、成人女性で55%、高齢者が50~55%の内訳になります。

そして体の中の水分の役割としては、腸からお水が吸収され血液などの(体液)となって全身にしっかり循環していきます。その体液が体のすみずみまで酸素や栄養分を送っていったり、尿として老廃物を外に逃がしたりもします。そして体の体温が上がったりした際は、汗として体温調節をおこなったりもしてくれます。そうやって体の様々な異変や調子を整えてくれる効果が水分であり(体液)でありますので水分は人間にとってかなり不可欠な要素になります。

もし体の水分が失われてきたら?

夏の時期など特に汗をかきやすい時期だったり、日差しが強くて体の水分を奪われてしまいがちな季節。実際に体の水分が失われてきたらどうなるのか?

体の水分が2%失われてきたら、まずは喉の渇きが生じてきます。運動したり、汗をかいたりしてくると誰しも経験した事だと思います。喉の渇きによって体の運動能力が低下してきます。次に3%失われてきたらどうなるのか?先程よりもかなり強くの喉の渇きを感じるようになります。そしてぼーっとしてきたり、食欲が無くなったりしてきます。4~5%失われてくると頭痛やめまいなどが起こってきて体自体が軽く脱水症状な状態になってくるそうです。そして10%以上になってくると、最悪死に至ることになるそうです。なので夏の時期や汗をかいた時は必ず水分を取るように意識するようにしましょう!ちょっと取り過ぎなくらいでもいいかと個人的には思います。

では実際の髪の毛の水分量について解説

人間の体の水分量は先程説明しましたが、実際髪の毛の水分量はどのくらいなのかをご説明致します。髪の毛の理想とする健康的な水分量は11%~13%位が好ましいとされています。このくらい水分量があると手触りもいいし、髪の毛に艶もありますし、まとまったヘアスタイルになります。

一方で髪の毛の水分量が7%くらいになってくると、いわゆるパサつきがでてきます。そして髪の毛が弱くなってきますので枝毛や切れ毛が生じてきたりして髪の毛へのトラブルなどがでてきます。ちなみに健康な髪の毛は11%~13%位がいいとされていますが、入浴した際のシャンプーなどで髪の毛が濡れた状態の水分量は実は30%位あります。そこからドライヤーで乾かしていくにつれてどんどん水分が無くなっていきます。髪の毛のダメージや気温、湿度、季節によってもありますがかなり減少しているのがわかりますよね。なので髪の毛には一定の水分量を保持していく必要がありますね!

髪の毛の水分量が少ない理由は?

髪の毛の水分量が少ない理由としましては様々な理由があります。

まずは髪の毛のダメージ。カラーやパーマによるダメージによって髪の毛の内部のタンパク質や水分などが失われていきパサパサに乾燥してしまいます。髪の内部の組織が損傷して水分を貯蔵できなくなってしまった感じです。

次にシャンプートリートメントによるもの。シャンプーも色々な種類があって汚れをしっかり落とすもの、保湿してくれるもの、くせに対応するものなど色々あります。一番シャンプーを選ぶなかで大事なのは、髪の毛にあうシャンプーを選ぶことにあります。もしどのようなシャンプーがいいか分からない方はぜひこちらの自由が丘シャンプーを一度お使いになって実際に感じてみて下さい。

自由が丘シャンプーのリンクも貼り付けておきますのでこちらからぜひご覧になって下さい。

↓          ↓           ↓           ↓             ↓             ↓                ↓

自由が丘シャンプー&トリートメントの魅力をご紹介!

シャンプーやトリートメントを市販品とかに頼ってしまうと髪質やダメージによっては髪の状態を更に悪化させたりもします。なぜかというと市販品の商品によっては洗浄力が強すぎて髪の毛のキューティクルを傷めてしまったりして髪の内部の水分が流出したりします。カラーやパーマされている方は特にシャンプーを選ぶ際は気をつけてくださいね。

髪の水分量を維持していく為には

先程シャンプーの説明をしましたが髪の中の水分は一日の中で少しずつ減っていきます。なのでどこかで水分の補給をしないといけません。普段生活していく上で夏場は特に人間の生命維持の為にも水分の補給はしていますよね?それと同じで髪の毛にもシャンプーした後の水分量はすごく多いですがドライヤーで乾かしていくとどんどん少なくなってしまいます。なのでその時に水分が蒸発しすぎないように洗い流さないミストトリートメントをお勧めします。こちらの資生堂プロフェッショナルのワンダーシールドは特にお勧めです!

詳しくはこちらをご覧なって下さい!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://auqwa.design/archives/2364

ワンダーシールドはオイル系ではないのでしっかり水分補給してくれますので髪の毛には最適です♪

あとは一番変えて欲しいのはドライヤーですね!ドライヤーの種類によって性能はかなり変わってきます。髪の毛の構造で髪の表面にはキューティクルという膜みたいなものがあります。このキューティクルは外部からの熱や乾燥、内部からの栄養分の流出など様々な役割をしてくれています。ただドライヤーの熱が70度以上でずっと当てられているとこのキューティクルにダメージが起きて、その後の再生が難しくなります。なのでドライヤーはあまり高温すぎず髪の毛に水分を残してくれるドライヤーなどもありますので、ドライヤーに悩まれている方は担当の美容師にご相談して下さい。

最後に

現在髪の毛の乾燥に悩んでいる方、ダメージで悩んでいる方はご安心ください。解決方法はあります。髪質に応じてのアプローチ方法によって現在の髪の状態に応じた施術をして、更にお家での適切なホームケアをすることで髪の水分量は変わってきます。一番はお家でのホームケアが重要になってきますのでシャンプーやトリートメント、ドライヤーなどをまずは見返してみましょう♪髪の毛の水分量が多くなるだけで髪の艶や手触りが格段と変わってきます。サロンケアとホームケアを正しくすることで綺麗な髪を持続していけますのでぜひ皆さんいつからでも始められますのでぜひぜひ一度ご相談下さい!そしてすぐ行動に移してみましょう♪

自由が丘の美容室AUQWA(アウクワ)

お客様一人ひとりにゆとりのある時間を提供するためAUQWAでは、通常よりも長めの施術時間を設けております。
5~10分で終わるカットではなく、丁寧なカウンセリング、髪を痛ませない施術を提供したいと思い、
一日の予約数を制限し、リラックスした空間でお過ごし頂きたいと考えています。

自由が丘美容室AUQWA(アウクワ)