枝毛の不思議について徹底解説をしてみました♪

女性なら誰しも鏡の前などでご自分の髪を見た時に感じたことがあるものが

【枝毛】です。あまり気分のいいものではなかったはずです。

実際の所ヘアスタイルを作るうえでの綺麗さは枝毛がいっぱいあるのと少ないのでは全然見た目が違ってきます。

そしてスタイルのモチなんかにもかなり影響はしてきます。その辺をこれから細かく書いていきたいと思います。

まず枝毛ってなに?

髪の毛のまず構造からお話していきますが、髪の毛は簡単に説明しますと海苔巻きのような構造をしています。中に具があって、その周りにご飯が巻きついてて、最後に海苔を巻いているような状態が簡単な髪の毛の構造となっています。

このご飯や具になっている髪の毛のタンパク質や水分で構成されている部分と海苔に例えているキューティクルと呼ばれている部分がダメージを負うことで髪の毛が縦に裂けてしまったのを枝毛といいます。

髪の毛は傷んでくると枝毛が増えるのはこういう作用が起こって髪の内部にある水分やタンパク質が外に流出してしまうことで起こってしまいます。

ちなみに枝毛って治るの?

答えはNOです!

髪の毛はもうすでに死んでいる細胞になります。なので枝毛になってしまった状態の髪の毛は切るしかないです。なので枝毛にならないためにも日々のヘアケアやホームケアにはぜひ注目していただきたいと思います。

枝毛だけではなく色んな種類がある

今回枝毛にフォーカスをして書いていますが、実は髪の毛のダメージには枝毛だけではないんです。

最初にも書きましたが髪の毛がダメージを受けると枝毛に繋がると言いましたが実はまだあるんです。

それは【切れ毛 】

髪へのダメージはさまざまありますが特に熱のダメージなどが強く関係していると思います。それは日々の生活で毎日おこなっているドライヤー。熱で髪の毛を乾かしていますよね。毎日少しづつの積み重なりで髪への負担がかなりでてきます。

そして紫外線。人間は毎日日光にあたる事は身体にとっても凄く良いことだと思いますが髪の毛にとってはあまり良くありません。紫外線によって髪の毛が日焼けのような状態になりダメージを受けてしまいます。

このような熱でのダメージによって枝毛もありますが、急に髪の毛がプツっと切れてしまうことがあります。

せっかく綺麗に長く伸ばしていきたいのに切れ毛が多くで毛先が全然伸びなかったら悲しいですよね。このあとに対処法などもお教え致しますのでご安心下さい。

そして枝毛や切れ毛とも違う、乾燥からくる【髪の硬くなる現象 】

これはお肌と一緒で日本では梅雨以外はなんとなく常に乾燥しているイメージがありお肌がカサカサするなどがありますよね?夏はクーラー、冬は暖房などで部屋の湿度が下がりカサカサしてくる現象です。

髪の毛もお肌と一緒です。髪は水分とタンパク質でできていますので乾燥すると髪の毛もパサパサやガサガサしてきます。この状態が続くことによって髪の毛に潤いが無くなり硬くなってしまう現象です。

イメージして下さい。タオルを水で濡らしてみるとしっとり柔らかい感じですよね。それを硬く絞ってそのままカラカラに乾燥させてみるとどうでしょうか?

絞った形も形状記憶されめちゃくちゃ手触りが硬くなりますよね?髪の毛もそんな感じになります。

乾燥からくる髪の硬さがでてしまった髪の毛が沢山あると全体もなんとなく硬い感じでしなやかさや柔らかさが無くなり内巻きにしたいけど入ってくれなかったりもします。なので日々の乾燥対策はお肌同様、髪の毛にもきちんとした正しいヘアケアをお勧めしています。

枝毛を切るとどうなるのか?

枝毛について簡単にですが書いてきましたが、実際の所枝毛を切るとどうなるのか?という所を書いていきたいと思います。

結論からいいますと髪の毛には凄くいいです!枝毛をそのままにしておくと

さらに髪は裂けていき細くなり切れます。その枝毛になりそうな所や枝毛の所を

カットすることによってダメージを未然に防ぐことができます。

一応分かりやすくまとめてみますね♪

☆メリット

・枝毛を切ることによって引っかかりが少なくなります

・枝毛、くせ毛、乾燥毛が無くなり髪に柔らかさと自然な艶が生まれたりします

・髪を伸ばしていきたい時に長さは切らなくても髪の毛のケアができて安心して 伸ばしていける

・カットのトリートメントになります

★デメリット

・出産や年齢による髪の表面などのアホ毛みたいな根元付近にある短い毛にはこ のやり方は向かないのでお勧めできません

・あとは全部の枝毛を取り除くことは物理的に無理ですし限られた時間の中での施術になりますのでご了承ください

デメリットはこのくらいかなと思います。

枝毛にならない為のケアの仕方について

枝毛にならない為のケアとしてはまず一ヶ月に一回はカットをするべき!

髪の長さが短くても長くても一ヶ月経つとやはり日々の生活によってできるダメージがでてきます。なのでカットをしてなるべく傷んでいる所を取り除いていきましょう!

そしてトリートメントをする!

基本は毎日のお手入れが必要になります。女性の方は毎日お顔に化粧水や乳液などで保湿されていますよね?そして季節によってはお顔のパックなどや乾燥具合によって保湿剤を変えたりもしますよね?

髪の毛も同じです。季節によってシャンプーを変えたり、乾燥具合によってはヘアパックを変えたりもしたほうがいいと思います。そしてサロンでのトリートメントもしたほうが髪の毛には凄く効果的になります。

サロンでおこなうトリートメントは髪質に応じて種類も多々ありますので今気になる髪質の悩みを聞いた上での提案もできますのでお勧めです。

ちなみにAUQWAの何種類かあるトリートメントも紹介いたしますのでぜひご覧なって下さい。

AUQWA一番人気の高濃度水素トリートメントのブログ☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

話題の水素トリートメントで髪質改善する方法を解説☆

☆人気の酸熱トリートメントについてのブログ☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

噂の酸熱トリートメントについてオススメしたい人と注意点を徹底解析☆

☆髪質改善トリートメントについてのブログ☆

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

髪質改善で理想のヘアスタイルを手に入れる徹底解説☆

読んでいただけたでしょうか?

AUQWAのトリートメントはただその時に手触りや見た目が良くなって終わりという訳ではないものになります。枝毛を作らない為にもサロンでしっかり毛髪診断をおこない適切なトリートメントとプロセスをしていくと髪質は必ず良くなりますし枝毛も減っていきます。

枝毛を少なくするにはホームケアを見直す

現在お家でのシャンプーやトリートメントを市販で済ませている方はぜひこの機会にでも見直しをオススメします。それは市販で売られているシャンプーは、髪質や仕上がりに応じての種類はありますが、やはりサロンシャンプーに比べるとかなりパフォーマンスは下がります。お値段は安いのでいいと思いますが、毎日お使いなるものですのでそして枝毛を少なくしたい方はサロンで担当者に毛髪診断をして頂き髪質やダメージなどに応じたシャンプーやトリートメントを使ったほうが髪の毛だけではなく、頭皮やお肌にもやさしいです。

最後に

綺麗な髪の毛を維持したり、手に入れたりすることはすぐに出来ることではありません。サロンでの僕らの技術や最先端のサロン商材でまずは髪の毛の綺麗さを保つ土台を作ってあげること。

そのあとはお客様のご協力無しでは作ることができません。ぜひこのブログをご覧になり一緒に美髪を目指しましょう♪

自由が丘の美容室AUQWA(アウクワ)

お客様一人ひとりにゆとりのある時間を提供するためAUQWAでは、通常よりも長めの施術時間を設けております。
5~10分で終わるカットではなく、丁寧なカウンセリング、髪を痛ませない施術を提供したいと思い、
一日の予約数を制限し、リラックスした空間でお過ごし頂きたいと考えています。

自由が丘美容室AUQWA(アウクワ)

ABOUTこの記事をかいた人

AUQWA STAFF

Hair Salon / Community & Space「AUQWA(アウクワ)」 髪・肌・地球に優しいライフスタイルサロン。 お客様のライフスタイルに合ったナチュラルなヘアスタイルをご提案致します。